若年性アルツハイマー病とは:アルツハイマー病の初期症状と予防

若年性アルツハイマー病とは

アルツハイマー病と言えば一般的には高齢者の病気だと思われていますが、若い年代の人がかかる「若年性アルツハイマー病」というものもあります。

近年では、若年性アルツハイマー病を題材にした映画「私の頭の中の消しゴム」や「明日の記憶」なども公開されていましたので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

アルツハイマー病は65歳以上、若年性アルツハイマー病は64歳以下の人がかかる病気となっており、特に40~50代の働き盛りの中高年の方で多く発病しているようですので、仕事や家庭への影響が大きく、事態も深刻になりやすいものとなっています。

若年性アルツハイマー病は遺伝要因が大きいものですが、通常のアルツハイマー病と同じく、脳にβアミロイドが溜まって脳が委縮することによって起こります。
また、若年性アルツハイマーは進行が早く、初期症状があらわれてから短期間のうちに重症になりますので、初期症状の発見の重要さは、一般のアルツハイマー以上のものがあります。

次のような初期症状が出たら、すぐに専門医に診せましょう。

● だるさや疲れを感じやすくなり、めまいや頭痛、不安感など不定愁訴を感じる
● 根気が続かなくなる
● 不眠やうつ状態になる
● 全体の状況をみることができなくなり、細部に拘るようになる
● 仕事の能率と量が低下している

初期症状はうつ病と似たものがありますので、うつ病と誤診されないように、総合病院や大学病院など大きな病院の精神科などで受診した方がより安心です。

遺伝要素が大きい病気ですから、家族の中にアルツハイマー病患者がいる場合は注意しておきましょう。
アルツハイマー病と同じく、早期発見・早期治療によって進行を抑制することができますので、初期症状を見逃さないようにしましょう。

【送料無料】アルツハイマー病

【送料無料】アルツハイマー病
価格:7,350円(税込、送料別)

タグ